仕事のブランクは取り戻せます

今まで、数回転職を経験しましたが、

最初に社会人になった時は電機メーカーで設計の仕事をしていました。

しかし、体を壊したため退職することになり、
設計業務は半分トラウマになってしまい、
次の仕事は、機械関係の仕事に就くことにしました。

その後も製造業やサービス業など就く仕事には一貫性が無かったので、
だんだん次の仕事を探すときに聞かれる決まり文句の
”どうして転職回数が多いのですか?”とか
”いろいろ職種を変えているのはなぜですか?”
など明らかに、”続かない人間”と認識されているようでした。

正直、私にもいろいろな理由があったので、
面接でそのように聞かれるのは心外でしたし、余計なお世話でした。

とはいえ、そのように言われた会社での採用は当然無く、
失業保険も残り2か月という時に、”過去の実務経験重視します”と言う会社を目にします。

結局は、今勤めている会社がそうなのですが、
過去に電気と機械を経験していることから、
どちらの経験も生かせる設計の仕事に就くことが出来ました。

設計と聞くとちょっとした拒否反応があったのですが、
後が無い状態でしたので入社することになりました。

最初はブランクも10年ほどあり不安でしたが、
勉強をし必死に食らいつくことで何とか仕事がこなせるようになりました。

因みに設計の仕事は、常に技術が進歩しているため、
仕事をしながら新しいことを勉強しないと、
時代に置いて行かれるため正直大変でした。

ただ電気と機械の経験があったため、両方の知識を生かせるようになりました。

今となっては逆にやったことが無い仕事に対しても、
勉強すれば何とかなると前向きにとらえることが出来るようになり、
ブランクも問題無いと考えられるようになりました。

転職活動中で、たまたま見た看護師再就職、看護師さんの世界の
ブランクありの場合ですが、参考になりましたよ。

私は、転職してからもう13年になりますが、
今でもきちんと、以前の経験を生かせています。

私の人生を変えた転職体験談

私は転職するまで建設会社の土木職についていました。

転職した年齢は25歳です。
そこまで大きい会社でもなく年収も決して高くないため
常に忙しくギリギリの年収で生活していました。

その時私にはお付き合いしている女性がいて、
その人と結婚して子供も欲しかったためこのままでは結婚しても
生活して行くことができないと思い転職する事を決めました。

転職先は年収も決して低くなく安定している公務員の土木職にしようと思い、
働きながら1年間公務員試験の勉強をしました。

必ず転職して結婚して子供を持って幸せな家庭を築くという目標を持ち
背水の陣で取りかかった結果1年間の勉強で公務員試験に合格することができ、
無事転職することができました。

転職してから2、3年ほどは給料も前の会社の方が良かったのですが
5年後にはすでに年収を上回ることが出来ました。

今ではお付き合いしていた女性と結婚し
2人の子宝に恵まれて幸せに生活しています。

転職など考えたこともなかったので、
前の会社に就職した時点で『一生この会社で低い年収のまま生活していくのか』と
一度は諦めた人生ですが、学生時代の友人に転職を考えてみたらどうだ?
と言われそこから真剣に考えるようになり転職を決めました。

当時は25歳でまだ若かったため公務員試験の年齢条件にも間に合いましたが
後数年遅かったら試験を受けることすらできなかったため、
今悩んでいる方も転職した後どんな仕事に就くかわかりませんが
今の現状に満足していなければ出来るだけ早めに行動する事をお勧めします。

看護師就職先病院以
偶然みたサイトですが、看護師さんの世界でも、働く場所はいろいろあって、
病院ではないところで自分らしく働くという選択をする方もいるんです。

ワークライフバランスを考えた転職を行っていく事

転職は多くの方にとっても大変重要な仕事の要因となるのです。
普段から自分の好きな仕事を行っていく事で
大変素敵な自分自身の人生を楽しんでいく事が可能となるのです。

転職を通じて楽しんで素敵な毎日を送っていく事は誰にとっても
大変充実した人生を考える上でも大変重要な事となるのです。

転職を契機として自分の人生のワークライフバランスを考える方も
大変多いのではないのでしょうか。

ワークライフバランスを考える中で今まで培ってきた知識やノウハウをいかして
転職を行って行く方も大変多いのではないのでしょうか。

派遣や契約社員等として多くの時間的な余裕を持ちながら
収入と自分のプライベートのバランスを取る事は大変重要な事となるのです。

そんな中、偶然見た看護師アルバイト単発、看護師さんのホームページですが、
なんか似てたので、紹介しました!

普段から自分のスキルにマッチした仕事を選んで効率的なアウトプットを行っていく事で
派遣としてでも時間的な余裕を持ちながら自分の仕事を行っていく事が可能となるのです。

より素敵な自分の仕事を成功させて人生全体を楽しんでいくには
転職をする時に自分が仕事やプライベートの中で何を充実させるかを考える事が
大変重要な事となるのです。

派遣社員等としてでも大変多くの求人がありますので、
自分の持つスキルをこのような場所で適切に発揮する事で
楽しんで自分の仕事を行っていく事を考えてはいかがでしょうか。

未経験から異業種に転職を行っていく場合は

自分の仕事に関して大変多くの考え方を持っている方は
大変多いのではないのでしょうか。

最近では多くの方が本当に自分にとって
最適な仕事を探していく事を考えています。

転職や仕事を通じて自分にとって最適な環境で
仕事を行っていく事は大変重要な事となるのです。

自分らしい素敵な労働環境で多くの素敵な仕事をして
収入等を得る事を考える方は大変多いのではないのでしょうか。

普段から自分らしく素敵な仕事を行って行く中で
今まで自分が経験をしたことのない分野にチャレンジしていく事を
考える方も今後はどんどん増えてくると思います。

自分らしく素敵な働き方を自分で行っていく事で得られる多くの満足を
考える事で仕事や自分のスキルアップを行っていく事が可能となるのです。

未経験からWEBエンジニア等に転職を行っていく事を
考える方も最近では大変多いのです。

自分の好きな仕事ですから能動的にどんどん働きかけていく事で
多くのやり甲斐や収入等を得る事が可能となるのです。

自分の好きな仕事をして新たな分野を自分で切り開いていく事を考える方にとって、
資格は転職活動前にきちんと取得を行っておく事を強くおすすめします。

資格をきちんと保有しておくことでその仕事に対する熱意等を
効果的にアピールする事が可能となるのです。

未経験で色々調べていたときに、偶然見た看護師さんのホームページも
意外と参考になりました!
↓↓↓
看護師未経験
みなさん、未経験からでも頑張っているんですね。

私と友達の転職の理由

私と友達は20代の同じくらいの時期(20代半ば)に転職をしました。

私達の転職の共通点は、それ以前にいた会社がかなりひどいところだったので
いられなくなって転職した、ということです。
なのでキャリアアップのために計画的な転職ではありませんでした。

こういうときに注意しないといけないのは、
ネガティブな気持ちをひきずりながら転職活動をしないようにということです。
そういう気持ちは相手にも伝わるのでいい印象を持ってもらうことができません。

転職理由として、前の会社がひどかったからなどと言うと印象が悪いかもと思うかもしれませんが、
あきらかな違法行為だったら(たとえば残業週〇時間など)、本当のことを言っても大丈夫です。

前職でつらいことがあった場合、転職理由をネガティブさを感じさせずに
説明するのは難しいときがありますが、そのことをひきずらないでこれからがんばる
という姿勢をアピールしてください。

たまたま見たホームページですが、業種は違えど早期に転職という点で似てたので・・・
看護師新卒

次の仕事を探すときに、前の仕事と同じ業界に
こだわらないほうがいいかもしれません。

業界のことを少しでも知っている人材が敬遠される場合もありますから、
思い切って他の業界を目指したほうがいいときもあります。

業界が違っても、今まで身につけた知識や技術がいかせるところがあるかもしれません。

転職で失敗したこと

私は実際転職をした事があるのですが、
その際転職を伝えるタイミングで失敗しました。

働いていた職場をやめてから仕事探しをする、
といった形をとったのですが、それが間違いでした。

転職についての多くのサイトなどで書かれている事ですが、
まずはじめに新しい職場を決めてから、現在勤めている職場には
やめることを伝えた方がいいです。

私の場合、職場を辞めてから新しい仕事を探し始めたのですが、
新しい仕事につくまでに半年以上かかりました。

仕事を辞めてから職場探しをする場合、面接日時の融通はきくのですが、
仕事探しの間はもちろん無職の状態なので、精神的に疲れがたまってきます。

この時代、一発で面接がうまくいく事も少ないですし、焦りが出てしまうので、
その影響が面接にもでてしまったのではないかと今になっては思います。

面接日時は意外に融通がききますから、今転職を考えている方には
今の仕事を続けながら、新しい仕事探しをすることをお勧めします。

その方がじっくり自分に合った仕事を見つけられるし、
結果的に自分で納得できる転職が出来ると思います。

ただ、その場合は、面接に受かってすぐ入社、という流れになると
現在働いている職場に迷惑がかかるので、入社のタイミングについては
事前に相談しておいた方がいいですね。

たまたま最近一緒に食事した、看護師の友人が転職しようと思った時に
参考にしたというホームページを教えてくれました!
↓↓↓
看護師退職無職
私も事前にもう少ししっかり情報収集すべきでした。

私が転職して得たもの

まず初めに、看護師転職の時に考えることは何でしょうか?
給料面・スキルアップ・定時に帰宅できる。

様々な考えのもと転職を希望されると思います。
私の場合は、前病院での「御礼奉公」が終わり、
自分のスキルアップと年収アップを考え転職を行いました。

前病院は精神科での業務でした。

精神科での勤務も嫌いなわけではなかったのですが、
看護学生時代から約10年務めてきたため、
あるとき「自分はこのままでいいのか。せっかく看護師になったのに精神科の分野しか知らずに本当にいいのか?」
このような葛藤があり看護師転職を考えました。

その時に参考にしたホームページのひとつがこれです。
↓↓↓
看護師就職先病院

転職後は総合病院に勤務することになりました。
総合病院では、様々な科があり、日々勉強に追われる毎日ですが、
精神科勤務時代よりはるかに看護師としての知識・スキルは向上していると思います。

総合病院に転職してからは、一次救命・二次救命の資格である日本循環器学会が主催する
AHA(American Heart Association)の
BLSヘルスケアプロバイダーとACLSプロバイダーの資格を取得しました。

この資格のおかげで、実際の現場で患者の急変時に
医師が到着するまで落ち着いて指揮がとれるようになりました。

また、給料面でも残業代も含めてですが年収約50万から100万円ほどアップしています。
忙しい毎日ですが、毎日充実した日々を送っています。

ブランクがあっての看護師転職を実現

看護の学校へ通っていたこともあり、
新卒で看護師の仕事をしていました。

約5年看護師として働いた後、結婚、出産と立て続けに経験をしたため、
看護の世界からは少し離れていました。

しかし子供も大きくなり、再度働こうと考えた時に
私自身が持つスキルや経験は看護師としてのスキルしかなく、
ブランクがある未経験の人材を採用してくれる企業は無いだろうと考え、
再度看護の世界へ戻る決断をしました。

しかし看護師の仕事は時間が不規則となり、
夜勤の仕事も発生してしまうため、まだ子供が3歳と小さかったため、
あまり不規則な生活な就業体系ではない仕事を見つける事にしました。

インターネットで求人を検索している中、
非常に多くの看護師専用の看護師転職サイトを見つける事ができ、
自宅近くの病院や医療機関の求人を簡単に検索ができました。

その中で、とても参考になったホームページにも出会いました!
↓↓↓
http://xn--gmq498agtkrpk40y.xn--4it168d.jp/

そして、各求人を見ている中で、就業形態も様々な記載があり、
アルバイトで昼間だけ働く方法や、昼間のみ営業しているため、
そもそも夜勤が無い病院もたくさん見つける事が出来ました。

5年というブランクがあったため、
まずはアルバイトでの短時間勤務から始めることとし、
結果的に自宅近くの病院で働く事が出来ました。

看護師転職はブランクがあっても再度挑戦出来るのだなと感じ、
今度再度出産をしても心配が無いと感じています。

看護師の転職する前の心がけ

看護師の仕事をしていると、どうしても転職したくなる事があると思います。

看護師の業務は様々な内容があり、オペ業務、外来業務、病棟業務や専門的な業務(透析など)があり
総合病院で働いている場合は部署移動が一定期間であるため一通り経験できますが、
一般的な病院やクリニックは専門性の高い業務に特化する傾向があり、
一つの業務しか経験できていない事が多いと思います。

これは決して悪いことではなくて一つの事に特化し
専門性を高めるという意味合いでは正しいことだと思います。

しかし、30歳以降のある一定の年齢を過ぎて、いざ転職を考えた際に他分野の経験がない場合、
どうしても経験分野の病院やクリニックしか選択の余地がなくなってしまうのです。

看護師転職とは他の職種と異なり専門性が違いすぎて、
業務内容の面で転職することが困難になる場合があるのです。

基本的に看護師はどこの施設も慢性的な不足状態なので
転職自体はしやすい状態にあるのですが、年齢を重ねての新たな分野への転職は
一から教育を受けなおす必要があり、相当の覚悟で行う必要があります。

看護師特有の基本的な穿刺業務や患者対応は
どこの病院においてもそれほど差は無いですが、
専門知識や、専門技術は各分野によって違ってくるのです。

就職先を考えるうえで、こちらのホームページも参考にしました。
看護師の就職、選び方は?

看護師転職は一般会社員と比べ、比較的簡単に行うことができます。

転職を考える際はいつでも転職先で通用するように心がけて、
技術は経験によるものなので仕方のないことですが、基礎的な知識においては
各セミナーを利用し転職前に習得しておくことで、即戦力になり得ると思います。